茨城県筑西市でのウエディング、パーティー、宴会の事ならダイヤモンドホール

WEDDING QUESTION

  • ダイヤモンドホールのウエディングの特徴は?
    • 私たちのウエディングコンセプトは「リビングウエディング」。
      結婚式場で披露宴を行うのではなく、おふたりの子どもの頃から家族と過ごしてきた「お家」へ、ゲストを招待して結婚式のおもてなしするというスタンスで、会場全体をコーディネートしています。
      一方、披露宴会場は、「家族と過ごしたリビングルーム」をイメージしています。
      暖炉やバーカウンターがある、太陽の光が降り注ぐ「ガーデンリビング」や、お庭を臨む会場「ナリッシュガーデン」、温かな雰囲気を感じてもらえる会場「アーベントヴィラ」など、まるで家族が住む家のような優しさがあふれる場所で、ゲストの方々にリラックスした一日を過ごしていただきたいと思っています。
      また、専用ガーデン付きの邸宅風会場「エアリーハウス」もあります。
      こちらは一軒屋完全貸切りなので、おふたりの新居にゲストを招くという、プライベート感漂うスタイルのハウスウエディングが可能です。
      プランナーは「担当者制」をとっており、最初に担当したプランナーが、結婚式当日まで、会場の中に入って、おふたりをサポート。おふたりのどんなご要望にもおこたえします。
  • 会場の予約は何ヶ月前にすれば良いですか?
    • 一般的には挙式の6ヶ月前と言われています。ただし、5月、6月、10月、11月など、人気の高い月の「大安」は、すぐに埋まってしまう可能性が高いため、早めのご予約をお勧めします。こうした婚礼のトップシーズンの場合、1年前にご予約を入れる方も多いようです。ともあれ、ご希望の日が決まり次第、早めにご予約を入れていただくのが良いでしょう。また、ダイヤモンドホールでは、会場が空いていれば、一ヶ月前のご予約でもお受けいたします。
  • 結婚式にかかる費用は、後払いですか? それとも前払いですか?
    予約金とか、仮予約金は必要ですか?
    • 現在、「前払い制」を取っている会場が多いようですが、ダイヤモンドホールでは、結婚式が終わった後にお支払いいただく「後払い制」です。なぜなら、お祝い金などが入った後に、お支払いいただくほうが、おふたりやご両家にかかる負担が少ないからです。
      ただし、ご予約決定後一週間以内に、予約金50,000円を申し受けています。このご予約金は、挙式当日のご費用に充当させていただきます。仮予約金はいただいておりません。
  • ダイヤモンドホールのお花は、金額にかかわらず、すべてフラワーコーディネーターに直接デザインをオーダーできるって本当ですか?
    • はい。
      すべてのお花をフラワーコーディネーターに直接オーダーできます。
      「ドレスに合わせたカラーコーディネートがしたい」「季節感を大切にした会場にしたい」「好きな花でアレンジしてほしい」など、デザイン、花の種類等、おふたりのご希望をそのまま会場のフラワーコーディネートに反映させます。会場コーディネートのお打ち合わせの際、直接、フラワーコーディネーターにご希望をお伝えください。
  • 遠方の招待客がいる場合、宿泊先を紹介してもらえますか?
    • 市内にあるいくつかのホテルをお客様のご希望に応じてご案内させていただきます。
  • お腹に赤ちゃんがいるのですが、マタニティ用のドレスはありますか?
    • ご用意しております。
      ウエスト周りが目立たず、綺麗なラインが出るデザインです。
      また、特にマタニティ用ドレスではなくて大きめのサイズを選んでいただき、胸元やドレス丈の調整をする方もいらっしゃいます。結婚式当日には、マタニティの花嫁さんが安心して過ごせるよう、経験のあるスタッフが責任を持って安全にサポートさせていただきます。
  • 結婚式って何を最初に決めればいいんですか?
    • まずは、挙式の希望日、だいたいの招待客の人数です。これさえ決まっていれば、見学にいらっしゃった時、見積もりをお作りすることができます。
  • ブライダルフェアって何をするところですか?参加費は?予約は必要?
    • 会場コーディネート展示、料理 試食、ドレス試着、模擬挙式、模擬披露宴、デザート試食などを行っています。フェアによっては、引出物や引菓子など、実際の婚礼に必要な様々なアイテムを展示する場合もあります。
      なお、ダイヤモンドホールのフェアは、基本的には予約不要(試食会などフェアの内容により一部要予約の場合もあり)、無料です。
  • どの会場にしようか迷ってしまい、何を決め手に選んでいいのか困っています。
    先輩カップルは、何を基準に会場を決めているのですか?
    • 決め手となるものは、カップルによって様々です。
      例えば「料理」にこだわるのであれば「試食会」に参加して、味や見た目を確かめてみましょう。試食会なら、サービス面もチェックできるでしょう。
      また、フラワーコーディネートなど会場の雰囲気に重点を置かれる場合は、ブライダルフェアはもちろんですが、本番の結婚式の会場をチェックしてみてはいかがでしょうか。
      相談会などに積極的に参加することで、スタッフのタイプを見極めるのも手です。また、自分たちにぴったりのプランナーが見つかれば、それが会場選びの決め手になることも多いはず。
      まずは気になる会場へ実際に足を運んでみることをおすすめします。
  • ふたりらしいオリジナルの結婚式にしたいのですが、
    どんな風にしたらオリジナルになるのか、何をすればいいのか、わかりません。
    • まずは、プランナーにいろいろ相談してみましょう。
      結婚式の予定日、ゲストの人数と内訳(親族が多い、親族・会社関係・友人が均等など)、おふたりの趣味、好きな色や音楽、どんなドレスが着たいか、今まで出席した結婚式で印象に残っている演出、これは絶対にやりたくない演出など、どんな内容でも結構です。
      話すうちに、おふたりも気づいていなかった結婚式への希望やイメージが分かったり、プランナーがおふたりのカラーを引き出したり、そこからおふたりの「オリジナル」が見つかるはずです。
      パーティでの具体的な演出やコーディネートを決めるのは、それから。
      まずは、おふたりとプランナーがたくさん話をすることから、オリジナルウエディングが始まると思います。
  • 両親や親戚が気にする大安、仏滅といった「六輝」って何ですか?
      • 六輝は中国から伝わった占いが元になっており、吉凶を現すものとして冠婚葬祭などの儀式と深く結びついています。ただし、根拠は不明で、近年は気にする人も少なくなっているようです。
      • 大安/六輝の中で最も吉とされ、結婚などの祝い事に最適な日とされています。
        仏滅/以前は結婚式などの祝い事は避けたほうが良いとされていましたが近年は、ご予約が取りやすく、ゆっくりと行える点が着目され、結婚式を挙げる人も増えています。
  • 雑誌などでも良く使われていますが、実はわからない言葉が多すぎます。
    例えば、バンケット、ブライズルームって何ですか? ゲストは誰のことですか?
  • 雑誌で良く見かける「サムシング・フォー」とは何ですか?
    • サムシング・フォーとは花嫁さんが結婚式当日、下記の4つのモノを身に着けると生涯、幸せな生活が送れるという、ヨーロッパに古くから伝わる幸運を招くおまじないです。
      • 「サムシング・オールド」なにか古いモノ。
        これから始まる新しい生活が豊かになるよう、祖先から伝えられたモノを身につけます。祖母や母からもらった古いアクセサリーなど。
      • 「サムシング・ニュー」なにか新しいモノ。
        新しい生活が幸せでありますようにとの願いが込められています。新品のドレス、ハンカチ、下着など。
      • 「サムシング・ボロー」なにか借りたモノ。
        幸せな生活を送っている人から幸運を分けてもらいます。友人が結婚式で使ったベールやハンカチ、手袋など。
      • 「サムシング・ブルー」なにか青いモノ。
        花嫁の純潔を表しているため、人目につかないように身に着けるのが良いとされています。ヨーロッパではガーターベルトに青いリボンを着けます。